突然の誘いも時にはあり


メールのやり取りは出来るけれど、実際の出会いにまでは発展しないなんてパターンに苦しんでいる方もいらっしゃいますね。こういった場合に、慎重にステップを踏み、時間を掛けてタイミングを待つという方法も有りですが、いつになるかが分かりませんよね。

勢いで誘ってみる

こういった場合には、突然すぎると思うかもしれませんが、勢いにまかせて誘ってみましょう。「無性に焼き肉が食べたくなったから、これから一緒に行かない?」みたいな感じです。ある程度、お互いに信頼が出来るような関係ができていれば、この程度の誘いをしても、信頼関係が揺らぐなんてことはありません。こういうノリって割りと女性も嫌いじゃないんですよね。

子供の時の無邪気さのようなものを感じてくれて、好感度が上がる場合も多いのです。

断られたとしても

やっぱり突然すぎるし、無理だよなんて断られてしまった場合でも、「やっぱ、急すぎたよね。突然思いついちゃって言っちゃったんだけど、忘れてくれる?」なんて冗談っぽく逃げれば、十分に元の状態に戻すことは可能なのです。気まずくなるなんてことはありませんし、会いたいという気持ちを伝えることも出来ますから、こういった思いつきのような誘い方は、ある程度のやり取りをしているのであれば、使ってみることもオススメします。

逆援は男性の気を引くための手管

健康的な男性であれば、性欲も普通にあるでしよう。どれくらいが普通かということは人それぞれかもしれませんが、魅力ある女性がエッチをしたいといわれて断れない程度の性欲は普通ならばあるでしょう。もちろんいろいろとやりたくても出来ないということもあるでしょうが、出会い系サイトで知り合うような相手だとしたら、断る理由もないわけです。

さて、ただエッチをしたいというだけではなくその代償にお金の援助をするというような女性がいます。逆援です。男性がお金を支払って女性との関係を要求するというのが援助交際ですが、逆援はその逆ということです。

しかし、常識的に考えるとありえない話です。お金を出さなくても女性がエッチをしたいといえば、いくらでもできるはずです。しかし、援助まで申し出るわけです。怪しいと考えて良いわけです。すなわちサクラです。男性の気を引くための手管ということです。もちろん実際にエッチも援助もないでしょう。騙されてお金を巻き上げられておしまいです。

決して誘いに乗るようなことがないようにすることです。おいしすぎる話には乗ってはいけないということです。しかし、そんな常識的な判断が出来なのが性欲というものなのでしょう。気をつけなくてはいけません。

逆援助について関連サイト→逆援助 おすすめ