女の子を甘く見ていると痛い目に遭うということがわかりました


出会い系サイトを利用すれば誰でも割と簡単に素敵な出会いのチャンスをゲットできるという話を聞いたので、何も考えずに出会い系サイトを利用してみたんですよ。私が登録したサイトは、間違いなく優良な出会い系サイトだったと思います。
サイトへの会員登録を済ませる前に、出会い系サイトに関する情報は割とまめにチェックしましたし、正直今の時代は、ネットを利用して出会い系サイトの情報を集めること自体は、それほどむつかしくないんですよ。

誰だって初めは出会い系サイトの初心者ですよね。
私だってもちろんそうです。
これまで出会い系サイトを十分に利用してみた経験がなければ、誰だって同じように初心者です。
初心者のうちはいろいろとなれないこともあるのですが、私は結構後先を考えない性格なので、これだけたくさんの人が出会い系サイトを利用しているし、自分だって素敵な出会いのチャンスに恵まれるだろうというふうに、甘く考えていたんですよね。

私がセフレサイトを利用し始めてから、女性の会員との出会いを実現できるまでは、実は意外と早かったんです。
嬉しかったですし、すっかり調子に乗ってしまいました。
ここで調子に乗ってしまったことが、やっぱりどう考えてもよくなかったんだろうなと思います。
女の子を甘く見ると痛い目に遭うということに気づくのが遅れました。
出会いがすごくスムーズだったので、このままさっさとメル友のレベルを卒業して、恋人同士の関係になってセックスしまくりたいというふうに考えていました。
もちろん、面と向かって彼女にそんなことを言ったりしてませんし、メールでそのようなメッセージを送ったりもしていません。
そんなことを口に出して言えるわけがないです、でも、たとえ口に出して言わなくても、女の子は勘が鋭いですから、男が持っている下心なんて簡単に見抜いてしまうんですよね。

しかしながら私の場合は、出会い系サイトを利用して知り合った女の子と、結局デートするようなことも一度もなかったので、下心が見抜かれるとかそういうレベルの話でもなかったんですが。

出会い系サイトを利用している人だったらひょっとするとご存知かもしれませんが、出会い系サイトを利用するリスクというのはいろいろとあって、たとえ自分が優良な出会い系サイトを利用していたとしても、何らかのトラブルに巻き込まれてしまったり、あるいは誰かに騙される可能性がなくなるわけではありません。

もちろん、優良な出会い系サイトを利用すれば、素敵な出会いを実現するチャンスは多くなりますし、悪質な詐欺の被害に遭う可能性もかなり低くなります。
でも、優良な出会い系サイトを利用しているというだけで、男女の出会いのことだったら何でもうまくいくようになるということは無いのです。

悪徳な出会い系サイトに間違って登録する以外で、出会い系サイトを利用しても出会いがなかなかうまくいかない原因って何でしょうか?
もちろん、いろいろとあるんですよ、優良な出会い系サイトに一般の会員の振りをして、例えば風俗に勤務する女性が客引きのために潜り込んでいるというケースがあります。
最近では特に増えているようなので注意してください。

風俗店の従業員が一般の会員の振りをして出会い系サイトに潜り込んでいる場合、そういう女性と出会ってしまった男性にとっては、その人とまじめにお付き合いができないのはもちろんなのですが、一般的によく知られているサクラと違って、デートに誘っても断られることがほとんどないので、まさか自分がこれから騙されようとしているのだということに気づくことができません。

本当に、風俗店の従業員が出会い系サイトを利用していて、そういう女性に引っかかってしまった場合は、自分がだまされようとしていることを見抜くことができないんですよ。
本人から正直に告白されない限りは、その女性が風俗店の従業員であるということを見抜くことはできないと思います。

私も実際に、出会い系サイトを利用していて風俗店の従業員に騙されかけたことがあります。
その時は本当に、まさか自分が知り合った女性が風俗店の関係者だとは気づかなかったんですよ。
ただ、メールのやり取りをしていても楽しい(こっちの話にうまく合わせてくれるので)あまり、いつの間にか彼女の虜になっていたんです。
まさに相手の思う壺なんですけどね。

だから私が初めてデートに誘ったのも早かったです。
相手の印象がすごくよかったので、知り合って割とすぐの頃に、デートに誘っても断られることは無いのではないかというふうに考えるようになりました。
私はどちらかというと、出会い系サイトを利用する際には十分な警戒心を持っていたつもりなんです。
そう言うくせに結局は風俗店の従業員に騙されてしまったわけですから、あまり説得力がないといわれても仕方ありませんが、デートに誘ってみてダメだったら諦めようと考えていたのに、あっさりとオッケーをもらってしまったために余計舞い上がってしまったんです。

デートに誘って見た時に、普段のメールのやり取りでは十分に親密な関係だと思えるのに、なぜだかデートの誘いになると断られるという時は、自分が出会い系サイトを利用して知り合ったパートナーは実はサクラである可能性が高いというのは、非常によく言われる問題です。

だから逆に言えば、デートの誘いをしてみてオッケーをもらったら、その相手はサクラではないと考えるのが普通なのです。
自分が出会い系サイトを利用して知り合ったパートナーが実は風俗店の従業員だったという場合、この考え方がけっこう落とし穴になってしまうんですよね。

デートの誘いをして断られなかったから相手はサクラではない=普通の会員であるという考えは間違っている場合もあるのです。
何度も言いますが、相手が実は風俗店の従業員であったという場合、男性の会員からデートの誘いを受けたら、基本的に断りません。

風俗店の従業員が出会い系サイトを利用している目的は、普通に出会いを求めることではないのです。
もちろん、男性の会員をだまして風俗店に連れていくこと(そしてそこで散々お金を使わせること)が目的になります。
要するに、風俗店の従業員は出会い系サイトを利用して客引きをしているわけです。
出会い系サイトを利用している人は本当にたくさんいて、その中でも、素敵な出会いを実現させて女性とデートに行きたいと考えている男性は本当に多いわけですから、うまい言葉で男性に近づいて、相手をちょっとその気にさせてしまえば、割と簡単にカモが連れてしまうわけです。

風俗店の従業員としては、できるだけ短時間で多くのお客さんを釣りたいので、デートに誘ってみて簡単に乗ってくる相手(要するに簡単に店まで来てくれる相手)ばかりを探します。

出会い系サイトを利用している人の中には、例えば過去の失敗などが原因で、出会い系サイトを利用することに対してかなりの警戒心を持つ人がいます。
サクラによる詐欺の被害に敏感だったら、「もし、出会い系サイトを利用していて女性の側からデートに誘って来たりしたら、その相手はぶっちゃけサクラである可能性が高い」
というふうな考え方をしている可能性が高いので、風俗店の従業員が「今度どっか二人で遊びに行かない?」などといって軽い感じでデートに誘ってきても、簡単には騙されてくれない可能性があります。

一人でも多くのお客さんを連れていきたい風俗嬢にとっては、どれだけ誘っても乗ってくれない男性とメールのやり取りをするのは時間の無駄なので、ある程度のやり取りをしてみて、こいつは騙されてくれないというふうに判断したら、あっさりと客引きをやめてもっと簡単に騙されてくれる男性を探します。

これまでは親密にメールのやり取りをしていたのに、ある日突然パートナーからメールが来なくなったなという場合は、実はそれまで自分がメールのやり取りをしていた相手は風俗嬢で、客引きをしても全然男がだまされてくれなかったから他の相手に乗り換えたのだというふうに考えることができるわけです。

普通に出会い系サイトを利用していて、そこまで考える男性というのは実は珍しいのですが。
やっぱり出会い系サイトを利用して素敵な出会いのチャンスをゲットしたいと思うなら、基本的に、どんな女性が相手であっても甘く見ないほうがいいですね。
男性の中にも、特に異性に対して自分が考えていることをそのまま口に出していう人というのはなかなか少ないとは思いますが、女性の場合はさらにその上をいきます。
本当に女性は嘘をつくのが上手だという場合が多いです。

特に出会い系サイトを利用する出会いというのは、基本的にメールのやり取りによるコミュニケーションが多くなるので、面と向かってコミュニケーションをとる場合に比べれば嘘がつきやすいのではないかなというふうに私は思います。
やっぱりも字から嘘を見抜くのは難しいですね。

女性が送ってくるメールの内容は、よほど親密な関係である場合を除いて、これはひょっとすると本音ではないかもしれないな、というふうに考えるのがちょうどいいかもしれません。
出会い系サイトを利用している期間が長くなると、ふしぎなもので、だんだんと女性の考えていることというのがわかるようになってきますよ。