不倫サイトにサクラはいるの?キャッシュバッカーってなに?


不倫サイトはサクラを使っている?

不倫サイトというのは、不倫相手を探すのに特化しておりますが、中身は出会い系サイトです。出会い系サイトというと、サクラを使っているとか、登録すると迷惑メールがたくさん届くようになるとか、架空請求が送られてくるとか、そのような良くないイメージを持たれている方も少なくないでしょう。

その中でも「サクラ」については、不安の大きいところです。一応ご説明しておきますと、サクラというのは、女性のふりをして男性にメールするアルバイトスタッフのことですね。デートやセックスのことを匂わせて、男性にメールを返信させる、ポイントを減らし、課金を促す。これがサクラの仕事です。出会い系サイトといえばサクラ、というイメージを持つ方も多いと思います。それくらい、サクラを使う出会い系サイトは多かったのです。

では今の不倫サイトはどうなのでしょうか。男性を騙してお金を稼ぐようなことをしているのでしょうか。これは、アシュレイ・マディソンなどの大型サイトを含め、少なからず、そういう部分があると言わざるを得ません。そもそも、女性は出会い系なんて使わなくとも、セックスの相手を見つけるのは簡単です。それこそネット掲示板にひとつ書き込みをしておくだけで、何十人もの男性から連絡が来ることでしょう。そのため、出会い系というのはどうしても、女性会員が少なくなる傾向にあり、女性会員が少なければ、それだけ男性の出会いの確率も下がる=メールでのやりとりをする機会も減るわけですから、放っておくと男性会員が中々課金してくれないといった状況になってしまうんですね。

はなからサクラを使って荒稼ぎしてやろうという詐欺サイトも存在しますが、やりすぎない程度に限度を考えてサクラを使うサイトもまた存在するのです。

キャッシュバッカーの危険性

しかし、そのサクラというのはあまりにも有名になってしまいました。そして出会い系の抱える大きな闇として広く知られてしまいました。ひとたびサクラを使っていることがバレると、今はその先営業していくのが難しいんですね。

そこで各出会い系サイトは、キャッシュバック制度という、素人女性にサクラの役目を担わせるシステムを考案しました。これは、女性会員に男性とメールをしたりするたびに換金可能なポイントを付与するというもので、直接の雇用ではないため厳密にはサクラとは言えません。最近ではキャッシュバッカー(CB)と呼ばれることが多いです。

今ではこのキャッシュバック制度は多くの出会い系サイトに導入されており、不倫サイトも例外ではありません。素人女性であるとはいえ、キャッシュバックそれのみを目的にサイト登録した女性は、サクラとまったく同じことをするんですから、男性としては困ってしまいますね。話を長引かせたりするような素振りが見られたら、すぐにその女性とは連絡を絶ったほうがよさそうです。

ALLジャンルの出会いに対応!【出会系サイト】